カテゴリー

交通事故について

有意義サイトリンク集

相続を円滑に行うための遺言書作成

遺言とは、故人の相続に関する意思を表明するために生前に遺した言葉や文章のことです。遺言は遺産相続において強い効力を持ちますが、民法に定める方式に従った場合のみです。作成時の注意点を抑えていることで、効力のある遺言書作成をすることができます。

まず、遺言書を書く時期はできるだけ自分の意思がはっきりとしている内が良いでしょう。自分で全部書く場合は、必ず自分で記入します。代筆は不可です。完成した日付、署名、押印も忘れてはいけません。自筆ではなく役場で書いてもらうことも出来ます。

費用がかかりますが、役場に保管される確実な遺言となるので安心です。相続人の名前はフルネームで表記し、続柄と生年月日の記載もします。効力はありませんが、メッセージなども併記しておくことで、より強く自分の意思を伝えられます。

遺言書作成で相続がスムーズになる

遺言書作成をすることで、相続がスムーズになるというメリットがあります。もし遺言書作成をしておかないと、共有状態になった遺産の分割でもめることが良くあります。

しかも、潜在化していた家族間の不仲がより悪化して、数年間ずっと共有状態が続いて分割がなされないという事態が生じるケースも非常に多くなっています。これを避けるためには、遺言によってどの財産を誰に相続させるのかを定め説くことが大切です。特に、たくさんの資産を持っている方は、相続人間で争いが生じやすいので遺言書作成をしておき、スムーズな相続がなされるようにしましょう。

遺言書作成のポイントを押さえておく

相続問題でもめないためにも遺言書作成をしておくことは大切です。 遺言書を書くとなると大きな決意が必要になると感じるかもしれませんが、遺言書というのは何度でも書き直すことができますので、気楽に作成しておいても大丈夫です。

遺言書作成で重要になるポイントは、自筆で書くこと、作成した日付が正確にわかるということです。 動画やパソコンなどで作成するとより楽なのですが、自分自身でいつ書いたということが重要になりますので、最低限このポイントだけは押さえておきましょう。 また弁護士などの専門家に任せてしまうというのもよい方法です。

自筆遺言書作成の気をつけたい落とし穴

遺族が相続の際に揉めて争続になってしまうことを避けるために、遺言書作成を考える人が増えています。遺言書作成にはルールがあり、決められたルールにのっとっていないと無効になってしまいます。まず、パソコンで作ったものは認められません。

自筆で作成し、作成した日付も入れておかないといけません。遺言書が複数存在する場合、一番新しいものが有効になり古いものは無効になってしまうのが落とし穴です。内容は基本的には何を書いても自由ですが、たとえば相続の権利がない人に財産を全て譲るなど、親族に保障された遺留分を侵す内容は争いを招き、結局無効になりかねません。

遺言書作成を実現するために

大阪などの大都市を中心に、遺言書作成に関する専門機関は全国に多く見受けられます。資産を所有する方が何らかの事情で亡くなった場合、残された家族の間で問題となる一つが遺産相続です。どの人に対して、どのような割合での遺産分配が行われるか、遺言書を作成しておくことによって、その意思を伝えることができます。

また法的にも大きな影響を及ぼすため、万が一、遺言書が存在しない場合には、トラブルに発展するケースも少なくありません、弁護士や行政書士などの国家資格を持つ専門家への相談が、遺言書への悩みを解決させる近道でもあります。

遺言書作成の普及について

最近では遺言書を作成する人が増えて、遺言書キットなどの商品も販売されるようになりました。遺言書作成はただ作成するだけではなく、作成する意味合いや遺族に対しての考えなど、しっかりと確認したうえで作成していくことが重要になります。

家族のあり方も人によって変わってきていますので、一概には言えませんが遺言書を残すことで、残された遺族にとっても最良の方法となります。遺言書については15歳以上であれば作成できますので、試しに作ってみることです。又、ライフステージにおいて、遺言書も同様にアップデートする必要があるものになりますので、忘れないようにすることが重要です。

相続手続き・遺言書作成に関する記事