カテゴリー

交通事故について

交通事故の相談は地方自治体や各都道府県の弁護士会で行っています。まずはお問い合わせください。内容によって有料となるものもあるようです。

有意義サイトリンク集

TOP > 交通事故弁護士大阪 > 交通事故弁護士についての説明

交通事故弁護士についての説明

交通事故を起こしてしまった場合、双方の保険会社を通じて示談を進めるという方がほとんどではないでしょうか。保険会社の支払い基準に基づいて慰謝料や賠償金を決めていきますが、裁判所で認められる金額よりも低く提示されてしまうことがあります。

納得がいかないという場合は、交通事故弁護士の出番です。裁判所が過去に下した判例に基づいて増額の交渉が出来るので、慰謝料や賠償金の金額が大幅に変わることがあります。詳しく知りたいという方は、交通事故の案件に強い法律事務所へ相談してみましょう。初回相談無料で、電話やメールでの相談を受け付けているところもあります。

いざというときに頼りになる交通事故弁護士

弁護士は法律の専門家ですが、六法全書を見れば分かる通り、法律は多岐にわたり、各弁護士の専門も実は非常に細分化されています。例えば、離婚調停を専門とする弁護士、企業買収を専門とする弁護士、交通事故の処理を専門とする交通事故弁護士などがあります。

企業買収は会社員であってもそれに直接関わる人はごく一部ですが、交通事故は日常の中に潜む危険であり、誰もが遭遇する可能性があります。交通事故に遭って大事に至らなければ不幸中の幸いと言えますが、少なくともいくつかの法的手続きを踏む必要が出てきます。保険会社に任せてしまうという方法もありますが、いざというときは交通事故弁護士を頼ることを選択肢に入れておきましょう。

交通事故弁護士に相談するベストなタイミング

不運にも交通事故に巻き込まれてしまった場合、相手と示談を行うことになりますが、示談を急いでしまった場合、後遺症によっては後から示談金に納得できない場合も考えられます。

こういった示談金のトラブルにならないように、交通事故に巻き込まれてしまった場合は、示談になる前に交通事故弁護士に相談しておくとよいでしょう。

交通事故弁護士に依頼するタイミングとしては、相談だけなら無料で済むケースが多いため、事故後すぐにでも相談することが良いといわれています。事故によるケガの治療終了直後に、依頼費用と治療費のバランスを考えて行うことが良いですが、重症の場合は事故後すぐの手続きをした方が良い場合もあります。

交通事故弁護士、慰謝料に関する記事

被害者加害者どちらでも相談可能な交通事故弁護士

交通事故を起こした場合、保険会社が加害者に代わって被害者と交渉したり、慰謝料を支払ったりするのが一般的です。死亡や重症が発生するような大事故の場合、刑事責任も発生して裁判へと発展するケースもあります。

交通事故弁護士は、加害者被害者問わず相談することが出来ます。被害者側としては保険会社の対応や慰謝料の金額に納得がいかないこともあるでしょう。慰謝料は、自賠責や任意保険、弁護士を通した場合で算定額が異なります。また、加害者にも意見を主張する権利があります。刑事責任を問われた場合には、裁判や示談交渉に向けて交通事故弁護士へ依頼すれば安心です。

メニュー

交通事故の相談は弁護士へTOP    交通事故    交通事故弁護士    交通事故弁護士大阪    交通事故慰謝料    交通事故相談    むちうち慰謝料相場    過払い請求    過払い大阪    自己破産    弁護士    相続    遺言書作成    相続手続き