カテゴリー

交通事故について

有意義サイトリンク集

交通事故の相談は弁護士TOP > 相続手続き > 家庭裁判所による調停長所・審判所がある場合の遺産相続手続き

家庭裁判所による調停長所・審判所がある場合の遺産相続手続きについて

遺産相続手続きは親族の間で利害対決でなかなか解決しない問題です。 家庭裁判所に申し立て手続きすることで問題を早期解決の道が開けます。 複雑な遺産相続手続きをスムーズに解決につなげることができます。

法的に保証されるので相続できるので安心感があります。 親族同士で話し合っても解決が難しい問題も解決の糸口が見えてきます。 大阪の家庭裁判所に手続きの相談を弁護士にすることができます。

法律のプロである弁護士は様々などアドバイスをしてくれるので遺産相続手続きを迅速に行えます。 専門家として助言をうけることができます。 自分で解決できない問題が解決できます。

遺産相続手続きでは期限がある

近親者が無くなった時は私たちは深い悲しみの中に沈んでしまいます。しかしながら、悲しみに暮れ続けるわけには行けません。親族が無くなった場合には遺産相続手続きが必要になります。亡くなった親族の遺産を家族が引き継ぐことであり、その詳細は民法で取り決められています。

遺産相続手続きには期限があることを忘れてはいけません。相続放棄を行う倍は3カ月以内と決まっており、そのままにしておくと負の遺産(借金)を相続する場合もあります。その4カ月以内に他所得税の申告を、10カ月以内に相続税の申告を行う期限があるのです。過ぎてしまえば自分たちに不利になる場合もある為注意が必要です。

遺産相続手続きで相続を放棄したい場合は?

法定相続人は、亡くなった方の遺産相続手続きをする際、プラスの遺産よりもマイナスの遺産のほうが多く、故人の借金を背負ってしまうような場合、そのすべての遺産を放棄することにより、借金の支払いもおこなわずに済ませることができます。

ただし、この遺産相続手続きでの相続放棄は、相続が始まったと知った時点から3ヶ月以内におこなわなければなりません。その方法は、法定相続人となった人がすべて一緒に、申述書などの必要な書類を揃えて、裁判所への提出をする必要があります。なお、この手続には時効がありますので、注意が必要です。

遺産相続手続きで相続できない人とは?

遺産相続手続きで、法定相続人であっても相続できないのは、相続欠格の場合です。つまり、故意に被相続人または、先順位・同順位の相続人を殺すか、殺そうとして形に書去られた者。

被相続人が殺された事を知って、それを告発・告訴しなかった者(判断力のないもの、犯人が自分の配偶者や子供・孫などである場合は除く)、詐欺や強迫によって、遺言書の作成や変更させたり、作成や変更をボブ買いした者。遺言者を偽造、変造、破棄、隠匿した者。以上の者は相続できません。また、遺産相続手続きで、遺留分がある相続人であっても、被相続人を虐待したり、重大な侮辱を加えたり、著しい非行があったとき、被相続人は自分の意思によって彼らの相続権を奪うことができます。

遺産相続手続きのポイントとは

資産を所有する方が亡くなり、残された家族などの間に発生する問題が遺産相続手続きです。死亡届を提出することや、葬儀を行う事だけでなく、長い期間をかけて様々な手続きを行う必要があり、正しい手順で進めるには、戸惑うことも多くあるでしょう。

弁護士や司法書士などの専門家へ相談を行うことで、正しい知識や情報を取り入れられるだけでなく、相続手続きを進める上で困った事がある場合も、気軽に相談に乗ってもらうことができます。無料での相談業務が行われている専門機関も数多く存在しており、利用できるサービスを活用することも大切です。

相続手続きには、期限があります!

相続には、単純承認、限定承認、相続の放棄があります。簡単に説明すると、単純承認は、「財産も借金も全て相続します」という意味です。次に、限定承認は、「財産がプラスになった時だけ相続します」ということになります。

つまり、財産と借金があった場合、トータルでプラスになる範囲で、借金も含めて相続するということです。最後の相続放棄は、「財産より借金の方が多いので、全部放棄して何も相続しない」ということです。実は、限定承認と相続放棄については、相続の開始を知った時から、3カ月以内に家庭裁判所に申し出ないといけないというルールがあるので、相続手続きの期限に気をつけて下さい。

相続手続きは遺言書の存在が重要

相続手続きを開始する場合には、遺言書があるかを確認します。遺言書があるか無いかでその後の手続き内容や必要書類が大きく変わるからです。自宅や金庫などに遺言書があった場合には、その場で開封しないようにしてください。

後から偽造や変造を疑われる可能性があります。自宅などで発見された場合には、家庭裁判所で検認してもらい、遺言書として正式に認めてもらう必要があります。裁判所で有効と認めてもらった場合には、遺言書に沿って遺産分割をしますので、相続手続きはとても簡単で、すぐに全ての手続きを完了させることが出来ます。

相続手続きは遺言書が重要

遺言書の存在が確認出来るかどうかで、相続手続きの内容は大きく変わります。遺言書が金庫や自宅などに合った場合には、その場で開封しないように注意をしてください。その場で開封してしまうと、後から偽造や変造の疑いをかけられる可能性があるからです。

自宅などで発見された場合には、有効な遺言書かどうかを、家庭裁判所で検認をしてもらう必要があります。有効と家庭裁判所に認めてもらった場合には、異議申し立てがない場合には、遺言書の内容に従って、遺産分割をするだけですので、相続手続きは簡単で、全ての手続きを期限内に完了させることが可能です。

相続手続き・遺言書作成に関する記事

メニュー

交通事故の相談は弁護士へTOP 交通事故 交通事故弁護士 交通事故弁護士千葉 交通事故慰謝料 交通事故相談 むちうち慰謝料相場 過払い請求 過払い大阪 自己破産 弁護士 相続 遺言書作成 相続手続き