カテゴリー

交通事故について

有意義サイトリンク集

自己破産をした場合クレジットカードは使えなくなる

自己破産をした場合、クレジットカードは使えなくなることが一般的です。

クレジットカードは気軽に利用をする人が多いのですが、使いすぎも起こってしまうことがありますし、いったんカード会社が支払を行った上で、購入者に請求が届くという形になっています。ですから、借金のようなものでもあるのです。

自己破産をしたら次のカード発行までにはどれくらいの時間を要するのでしょうか。

次のクレジットカード発行までには5年程度と言われているので、5年経過をしたらクレジットカードを作ることが出来ます。しかしクレジットカードで破産をした場合には、そのカード会社では作ることが出来ないことが多いです。

債務整理で弁護士の判断に納得がいかない場合

債務整理では、弁護士の判断に納得がいかない場合があります。例えば、自分では任意整理をしたいと思っているのに、自己破産をするのが一番良いと言われてしまったケースなどです。プロである弁護士の判断が正しい可能性は高いものの、最後に決めるのはあなたなので、納得をするまでは依頼をするべきではありません。

あるいは、大切なことを伝え忘れているという可能性もあります。例えば奨学金があるのに、それを伝えていなかったら、アドバイスに違いがでてきてしまうのは当然です。債務整理の相談は、いくつかの法律事務所にしてみましょう。正式な依頼をする前に、納得できるまで相談をしてみるのが大切です。

職業によって影響が異なる自己破産

どんな職業に就いているかという事によって、自己破産した際の影響というのは異なります。自己破産をすると、会社に知られて退職しないといけないとばかり思っている人もいるみたいですが、実際には問題なく続ける事ができる仕事もあります。

自己破産の後は資金もないので、仕事まで失うとダメージが大きくなります。しかし、中には自己破産をすると、できない仕事も職業によってあります。自己破産をしてから続ける事ができない仕事の一つに、弁護士が考えられます。

やはり弁護士というのは逆に債務整理の相談に応じないといけない事もありますので、自分自身のお金の管理をしっかりとする事は最低限、必要と言えるでしょう。

弁護士は闇金の借金も自己破産してくれるの?

闇金からの借金がある場合には、弁護士は対応してくれないことも多いです。違法な業者と結んだ金銭消費貸借契約は、そもそも契約を無効にすることができますので、自己破産をする必要もありません。そのようなケースでは、闇金問題に強い弁護士や司法書士を探して相談をしてみましょう。

違法業者からの借金に対応してくれる法律事務所の数はそれほど多くはないので、インターネットなどを利用して全国から探してみるのがよいでしょう。自己破産をすることにはデメリットが大きいので、専門の弁護士に対応してもらうのが一番良い解決方法です。

自己破産については、まずは借金相談から

大阪で一軒家をもち、多額の借金と返済に追われている人が借金相談を利用した場合、収入面や様々な角度から情報を把握し、対応する担当者が自己破産は可能かどうかの見通しを立ててくれます。ただ自己破産となれば、持ち家など財産を没収されてしまうため、多くの人はできるだけ避けたいと考えるものです。

そのため安定した収入のある人なら、家のローンだけは支払うようにし、残りの借金を大きく減額して返済できる民事再生法という債務整理を選択することもできます。これなら、持ち家を手離さなくてすみますし、職業を制限されることがありませんから仕事を続けることも可能です。借金相談では、その人にあった債務整理を提案してくれます。

デメリットの異なる自己破産と任意整理とは

自己破産も任意整理も、債務整理の枠組みの中にありますが、やはり大きな負担があるのは、自己破産です。生活上、必要最低限の現金や預貯金は認められていますが、持ち家などの不動産がある場合や、財産の大きなものは、残念ながら手放す必要があります。

また、決められた職種にしばらく就くことができなくなるため、検討している人は、それがどんな仕事か確認しておくと良いでしょう。また、保証人をたてていた場合は、今度は保証人へ借金が引き継がれますから、親族や友人などへ、負担が回ることになるため、きちんと説明することが大切です。

自己破産に関する記事