カテゴリー

交通事故について

有意義サイトリンク集

有意義サイトリンク集4

借金と債務整理に関する不安
借金をしており、多額の負債を抱えている人であれば、無事に返済する事ができるかどうかという事について不安を感じている人もいるでしょう。

それだけではなくて、債務整理に関する不安を抱えている人もいる様ですね。

無事に債務整理で借金を解決に導く事ができるかという事について、気にしている人もいるのではないでしょうか。しかし、この手続きの多くは自分自身で行うのではなく、弁護士などの専門家に代行してもらうケースが多いようです。

実績が多く安心できる専門家を見つける事ができれば後はお任せしたいですね。

相談して解決に乗り出すタイミングが遅すぎると、難しくなるという事も考えられます。
早めにアクションを起こしたいですね。

債務整理の状況を理解しよう

多重債務の状況は、人それぞれの借金の総額や経済的な事情によって、大きな違いが見られますが、常日頃から信頼のおける法律の専門家に相談を持ち掛けることがおすすめです。また、債務整理の費用の支払い方については、一般人の間でしばしば意見のやり取りが行われることがありますが、いざという時に備えて、適切な知識を身につけることが良いでしょう。

その他、債務整理の手順の進め方に関して分からないことがある場合には、空き時間を使いながら、無料相談のサービスが充実している法律事務所に問い合わせをすることがポイントとなります。

個人再生手続で債務整理をするのにかかる期間

債務整理は債務の状況や財産の保有状況などを考慮し、債務者が生活基盤の再建をはかりやすい方法を選択するべきですが、選択する方法によっては債務整理を終えるまでの期間が長期におよぶことがあります。

特に個人再生は、うまくいけば自宅を残したまま債務の免除を受けられる反面、手続きが非常に込み入っており、非常に時間がかかります。 個人再生手続は案件の内容によるものの、裁判所に再生手続開始を申し立てる準備をはじめてから、再生計画案が認可されるまでには6~12ヶ月程度かかります。再生計画案は、3年間で抱えている債務の一部を弁済する内容となるのが一般的であるため、最終的に債務の免除が受けられるまでには4年程度の期間を要することになります。

債務整理、過払い金請求して元本を減額

任意整理をしても減額できるのは利息のみであり、元本についてはいっさい減らすことができません。しかし、過払い金がある場合には、その分を元本から引き直し計算することができます。払いすぎた利息の分は、元本を返済したものとみなせるます。

計算は複雑になるので、正確な金額を出す場合には専門家に相談をしましょう。 債務整理のうち、個人再生や自己破産をすれば元本を大きく減額できます。

しかし、過払い金がある場合には任意整理で解決できることも多いでしょう。ケースバイケースで一番メリットがある方法というのは変わってきますので、まずは相談をしてみましょう。

過払い金請求とするなら司法書士?弁護士?

過払い金を請求すると決めた時に自分で交渉しないのであれば依頼先は弁護士か司法書士の2択になります。大阪や東京などの大きな都市は沢山の弁護事務所や司法事務所があり、相談先に迷ってしまいますよね。どちらの方がいいのかは本人が何を望むのかにもよるのですがより安く済ませたいという人には司法書士をおすすめします。

なぜかというと、弁護士に頼む場合には報奨金以外にも、着手金というものが必要になる場合があるからです。報酬金とは異なり、着手金には上限が定められていませんので弁護事務所によってこちらの費用が大きく変わってきてしまいます。司法事務所では取らない所が多いので、より費用を抑えることができます。

多重債務者になっても過払い請求

過払い金は、返済した借金を対象にして請求します。ですから、債務整理ではありません。複数の貸し金業者から借金すると、多重債務者とよばれるようになります。借金が膨れ上がり生活が苦しくなったら、債務整理をする必要があります。

現状に対してどのように対応するのがいいかは、借金問題に実績がある弁護士に相談するといいでしょう。弁護士に依頼すると、安くない費用がかかります。しかしながら、独自に手続きを進めるには、膨大な量の煩雑な手続きを自力で進める必要があります。精神的な負担を考えると、依頼した方が無難でしょう。

過払い・債務整理に関する記事