カテゴリー

交通事故について

有意義サイトリンク集

遺言書作成のメリットとは

遺言書作成での大きなメリットとしては、遺族間における遺産相続の争いをできる限り避ける事が、可能なことにあります。同時に煩雑化された相続の手続きを軽減する事ができます。

また、遺言書はライフステージが上がるごとに、アップデートする必要がありますので、段階ごとに自分の財産や段階を振り返る事が出来るのも、利点として挙げることができます。遺言書は自分で作成することもできますが、第3者となる専門機関に依頼をした方が、遺言書作成における意義や親族への影響などを知れます。第3者による専門の機関は、大阪や東京などの身近な都市部にありますので、まずは相談してみることが大切になります。

遺言書作成を上手く進めるには

遺言書作成については、様々な専門機関が無料相談窓口を設けていたり、電話やメールでの業務相談が取り扱われていたりします。大阪や東京などの都市部を中心に、弁護士や行政書士が在籍する事務所団体は数多く存在しているため、遺言書や遺産相続に関する問題について、気軽に相談することができます。

正しい知識を手に入れることは、将来的に遺産相続が行われる際、有効な遺言書として内容を残すことにも大きく繋がります。どのような相手へ、どのような遺産が、どのような割合で引き継がれるのか、自分の意思を表示する唯一の方法でもあります。

どうしても済ませてきたい遺言書作成

遺産の相続問題を発生させえないために、遺言書作成は欠かせないものでもあります。亡くなった方の家族構成によって、遺産の相続方法も異なり、法律で定められています。遺言書は亡くなった方にとっての意思表示を伝える手段となり、遺産相続に関して何らかの問題が発生した際など、有効な判断基準のひとつとして用いられます。

どのような相手に対して、どのような内容での遺産が引き継がれるのか、所有していた方の意思に基づくためには、正しい遺言書が作成されていなければなりません。大阪などには専門家も多く、弁護士や行政書士が相談に応じています。

遺言書作成で遺族のトラブルを防ぎましょう

大阪の相続遺言センターには、信頼のおける弁護士・行政書士・司法書士がいて一般家庭で作る遺言書作成に力を貸してくれます。その道のノウハウを知り尽くしたプロの助言のもと作成するので安心です。そもそもそれほど財産がなくてもなぜ遺言書が必要かというと、財産にはプラスだけでなく相続税や遺品整理のための費用といった負の財産もあるからです。

遺された家族がトラブルを起こさないためにも遺言を遺しておくことは必要で、生きている間にできるせめてもの義務ではないでしょうか。特に昨今では相続税が増税され、相続人が2人いる場合の基礎控除が4200万円と、一般家庭でも税対策を行う時代となっています。

遺言書作成は法律を守って書きましょう

遺言書作成は、亡くなられた方が家族のために最後に残すメッセージとなります。遺産の有無などは関係なく、メッセージを残したいと考える方はたくさんいます。遺言書で気を付けないといけないことは、一つでもルールを守れていなければ無効になってしまうことです。

遺言書作成において自筆である日付が書かれているなどいろいろと守らないといけないことがあります。一つでも守っていなければ、遺言書として認められないのでせっかく書いても意味がなくなってしまいます。遺言書を書いたのなら、専門家に見てもらいチェックしてもらった方が良いです。大阪などでは無料相談会なども開いているので、不備が無いか確認しておくと良いでしょう。

秘密証書遺言書作成について

一般的にはあまり採用されるケースは少ない遺言書の方式があります。秘密証書遺言書と呼ばれ、遺言書における内容を自分以外の第三者などに知られたくないケースに採用されます。

作成の流れとしては遺言者が遺言書を作成し、自筆での署名や押印を終えた後に封印し、その後に秘密証書遺言であることを2人以上の証人に証明してもらう方法です。この方法は自分だけで作成しますので、自筆証書遺言と同様で遺言書の不備や記述の方法で無効になってしまう可能性もあります。秘密証書遺言書作成の際には、作成前に専門とする業者に相談することをおすすめします。

相続手続き・遺言書作成に関する記事