カテゴリー

交通事故について

有意義サイトリンク集

友達サイトリンク集6

いつでも可能な交通事故の慰謝料相談
交通事故は発生しやすい時間帯というのはあるそうですが、いつ発生するかという事はわかりません。真夜中に発生するという事も考えられます。

交通事故の慰謝料相談というのはいつ必要になってくるかわかりません。必要になったタイミングでできるだけ早く法律家を見つけたいですね。

最近では慰謝料相談がいつでもできる様に、24時間電話などで対応してくれる事務所もある様ですね。更に連休などで休みが続いている時には、遠出をする事も多く、事故などの可能性というのも考えられます。

連休の間にも対応してくれるのであれば、本当に助かりますね。
これなら連休が終わり、次の営業日になるまで待つ必要もないでしょう。

保険会社が提示する交通事故慰謝料

保険会社が提示する交通事故慰謝料は、概してかなり低い額です。慰謝料の基準には、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準の3つがあり、保険会社は、自賠責基準と任意保険基準を比べて、より低い基準を当てはめて金額を提示します。

妥当な額は、裁判基準を当てはめて出す金額です。しかし、その基準を使用した額で示談成立となるのは、弁護士に交渉を依頼した場合に限られます。ある日突然、健康を奪われ日常も失ったのですから、それを補償する妥当な交通事故慰謝料が支払われるべきです。裁判基準以外の基準額で、示談するべきではありません。

交通事故の慰謝料や損害賠償は過失割合できまる

普通に暮らしていても交通事故というのは起こってしまうことがあります。その場合の慰謝料や損害賠償というのは、過失割合によって決められていきます。ただ、警察は事故証明はしてくれるのですが、過失割合は警察が決めるものではありません。

保険会社が過去の事例と照らし合わせて決めるものなので、その決定に不服を感じる人もいます。その場合は、自分だけでなんとかしようと思わないで、弁護士に依頼したほうがいいです。交通事故に遭ったらまずは警察に知らせることと、怪我をしたときは、医師のいる病院にいくことが前提になります。

交通事故の慰謝料や損害賠償の総額と損害賠償請求のポイント

交通事故の慰謝料や損害賠償の総額に関しては、多くの社会人の間で興味深い関心ごとのひとつとしてみなされることがあります。 そこで、実際の損害賠償請求の定期の仕方について事前に理解を深めることによって、いざという時にも適切な対処をすることが可能となります。

交通事故をめぐるトラブルの発生件数は、徐々に増え続けていることが分かっており、数々のケースに立ち向かうために、プロの弁護士や司法書士などに相談をすることがコツとして挙げられます。 その他、アフターサービスの優れている法律事務所を常にコンタクトを取ることが有効です。

交通事故慰謝料を勝ち取った具体的事例

交通事故慰謝料は、事故で負ったケガや精神的苦痛に対して支払われるものです。一般的に、ケガの治療費、入院費、通院費、仕事を休むことになった休業損害、後遺症が出れば後遺障害、死亡障害慰謝料をまとめたものです。

事故で頸椎や腰椎の捻挫を負い、半年間通院した人の事例では、休業損害が30万円程増額され、結果的に保険会社の提示額より60万円程増額されました。保険会社の提示額が正しいか確認してもらうだけでなく、交渉も弁護士に依頼することで、被害者は治療に専念することができます。交通事故に精通した弁護士を選ぶことが大切です。

交通事故慰謝料の相談について

交通事故が発生してしまった際に、慰謝料が発生します。不幸にも死亡事故になってしまった際には、交通事故慰謝料の相談を専門家にすることをお勧めします。慰謝料には3つの基準が存在します。一番価格が上がると言われている裁判所による基準と、加害者側が加入している保険会社の基準、最低限の基準として割り出される自賠責保険基準。

亡くなってしまったことに対して、金銭的に償うのは難しいことかも知れませんが、こうした基準において慰謝料は算出されています。一番高い裁判所の基準を元に、慰謝料の算出を行うことをお勧めします。

交通事故相談に関する記事