カテゴリー

交通事故について

有意義サイトリンク集

便利ツールの種類

ネットで探す交通事故の慰謝料相談を行う弁護士
今ではネットで交通事故の慰謝料相談を受け付けている弁護士を探して、相談の依頼を行う事ができます。中には匿名で相談を受け付けているという所まである様です。

弁護士が行う慰謝料相談は利用しにくいという人であったとしても、ネットでいろいろ調べてみるとかなり気軽に相談する事もできる場合もあるのではないでしょうか。

ホームページの中には交通事故に関するページが設置されているなど、この問題に力を入れていると感じられる弁護士であれば何だか期待できそうな気もしますね。

また、出張相談や無料相談なども利用者にとってはありがたいサービスです。
これらを積極的に活用したいですね。

被害者に後遺症が残ってしまった場合の交通事故慰謝料の決め方

被害者に後遺症が残ってしまった場合の交通事故慰謝料は、自賠責保険の等級認定がなされたあと、それに沿って決められるのが一般的です。自賠責の認定が適正になされないときもあり、その場合は、裁判に持ち込まれることもあります。

そのため、被害者が後遺障害認定に納得したあとに、慰謝料を決めることになるでしょう。自賠責基準での後遺障害慰謝料は最低限の補償として出ますが、示談交渉で最終的な交通事故慰謝料は決まります。示談交渉がまとまらず、被害者が裁判に訴えた場合は、裁判所が最終的に慰謝料の額も決めることになります。

交通事故の慰謝料と損害賠償を増額するためには

交通事故により、けがなどの損害を負った場合、損害賠償を請求できます。示談をする前に適切な賠償額を確定させるのが原則です。とくにPTSDなどがある場合は精神的苦痛に対する慰謝料も、けがの診断書だけではなく、心についてもケアする必要があるのです。

保険会社が提示する金額から増額するためのポイントですが、症状がいつまで続くのかをしっかり診断して、後遺症についても損害額を出すことがポイントとなります。交通事故被害者に必要なのは、専門家の意見も聞きながら、けがと心の問題それぞれ、漏れのないよう賠償してもらうことということになります。

交通事故の慰謝料の損害賠償の示談交渉しかた

交通事故をした場合、加害者は「やってしまった」というショックで頭が回りません。そこで交通事故被害者からの慰謝料請求をそのまま飲んでしまうということがあります。しかし、相手によっては大したことごなくても個人対個人の場合、法外な請求をして来る場合や、もめて大変な時間がかかることがあります。

そういう場合のためにも「任意保険」は必ず入っておくべきです。「そんなことは当たり前だ」と笑われる方もおられる方が多いかもしれませんが、世の中には入っていなくて、車検の時に入る自賠責だけという人がいるのです。

交通事故の損害賠償は任意保険だと全ての示談交渉は会社がしてくれます。そして適正な賠償額を払ってくれます。それでもなお食い下がる相手の場合は「弁護士」もついている保険があります。そうなると弁護士が解決してくれます。次の年の更新の時に高くなるからなどとケチらずに保険を使われることをお勧めします。

慰謝料にむけての交通事故相談とは

交通事故の被害者であれば、怪我の状態や今後のことも気になるものです。ある程度治療しても痛みが残ったり、それによってこれから仕事に支障をきたす恐れがある場合などは、これらの賠償金を含めた慰謝料の相場をあらかじめ、交通事故相談に強い弁護士に相談してみると良いです。

保険会社は一番低い基準で伝えてきますから、鵜呑みにしてはいけません。少し威圧的に接してくる場合もありますし、治療がまだ途中でも、打ちきりにされてしまう状況もあるようです。でもそれは、保険会社の嫌がらせのようなものですから、そんな保険会社の対応にどう対応するか、そんなアドバイスもしてもらえます。

交通事故慰謝料を増額させるなら

弁護士基準は弁護士が加害者とその保険会社を相手に争う際に基準となるもので、弁護士が勝ち取れば 交通事故慰謝料が状況によって100万円以上高くなる可能性があります。また、弁護士を介入させることで、後遺症がない場合でも怪我をした慰謝料として、入通院慰謝料が弁護士基準で適用できたり、過失割合が適正に見直されたり、休業損害などが正しい相場で見直されることになり、裁判所に認められれば大幅なアップが期待できます。

そのためには、ネットなどで調べて腕の良い弁護士を見つけることです。法律事務所によっては、ネットでの相談、また直接自宅に出向いてもらえるケースもあります。

交通事故弁護士、慰謝料に関する記事